お宅は 人目の物好きらしいよ。 人気ブログランキング - 家でします。 ←そんな楽チンな話あるか!!とスポンサーにたてついてみる

イマを、今日という日々を、生きぬいている全ての人々へ。 家でします。
無料ホームページ ブログ(blog)
家でします。

日々の徒然日記を書きつつ、 今まで読んだ小説、ウェブ上を歩いていて見つけた面白い物を時には辛口で紹介しません

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iPadのDJソフト TRAKTOR DJで みんなが最初につまづくところの直し方を書く!!!
2013年03月15日 (金) 00:17 * 編集




PCDJをいち早くやり始めたNI社のTRAKTORシリーズ。
ドイツの会社だけあって、他所のpcDJソフトに比べてピッチの検出とかに関しては間違いない。
そんな老舗デジタルDJシリーズなわけですが。

ついにiPad用のTRAKTOR。リリースされましたねぇ。

使いかっては悪くないんですが、妙なところできちっとしてるので、
完璧につかいこなそうとしたら何かしらのマニュアルが必要だなと思いまして。

どこさがしてもないからここに書いてしまおうと思うのでした。

そんなソトノ君ですこんにちは。福岡は最近中国からの黄砂に加えてPM2.5まで飛んできちゃうもんね。
直ちに影響はありませんな感じだからいいんだけどさ。
花粉症でグズグズなかんじでございます。

さーTRAKTOR DJ。早速やって行ってみよう。
とりあえずこれを書いている段階のバージョンは1.0.3.182。
あとあと使い買っての変更があったら書いてく。

TRAKTOR DJがオススメな人。
TRAKTOR DJではDrop boxを利用した メタデータの共有ができるってのが一番でかい。
まぁここは意味わかんない人は読み飛ばしていいんだけどね。
つまり、パソコン版のTRAKTOR proシリーズを使ってる人は、
たくさんの曲にキューポイントを振ってるわけじゃん。
それをDropboxを介して共有できますよと。
今までの仕込みをそのままこっちで使えるのはもちろん。
このiPad上でキューポイントを仕込んでおいて、それを現場でのPCでのプレイで使う見たいなね。
そういう使い方ができる。

ま、それに関しては後日書くとして。



今回はTRAKTOR DJを扱って行く上で、一番便利なポイントで、
かつここを理解していないと真っ先につまずくポイントについて書いて行く。

それはもちろんSYNK機能ですな。

今時PCDJを触ってきた人なら何を今更な話ですが。
ボタン一つでテンポとダムダムを合わせてくれる機能。それがSYNK機能なわけだよね。

TRAKTOR DJはハウスとかのロングミックスに特化している志向があるので、


曲を

それは何かというと4拍 シンク なのです。

クラブ系の音楽ってのは基本的に2の倍数で進行して行く。
これはもうね。このアプリをダウンロードしちゃう人なら何を今更って感じだからいいよね。
4拍、8拍、16拍、32拍。これをひとまとまりにして曲はすすんでいくわけだよね。
ドン カッカッカッ トン カッカッカッ ドンカッカッカッ トンカッカッカッ。なわけですな。
今までのPCDJなどのシンクは、せいぜい1拍ごとにあわせていたわけだけれど、
このTRAKTOR DJでは ドンッカッカッカの4拍。この4拍まとまりで2つの曲を合わせてくるのです。

画面に凹凸がないiPadみたいなデバイスを現場で使う上での、作業の簡略化なわけですな。
この仕組みが物凄く便利で助かるわけだけど、

万が一ね。ソフトがこのドンカッカッカッを間違えて認識していた場合。
どんなに頑張ってもうまく重ならないわけです。

例えば カッカッドンカッみたいな感じで認識されていたら、
どんなにバッチリのタイミングで再生ボタンをおしても2拍ずれてしまうのです。

なんとなくこのTRAKTOR DJにおいての4拍設定の大切さがわかってもらえたでしょうか。

クラブ系の曲における、4拍のまとまりっていうことに関して、
何いってんの?ってなっちゃう、そんなDJさんは、きっともんのすげー天才か、その逆な人なので。
ここでは書ききれないのです。DJ、2エイト、小節とかでググって見てちょうだい。

ここからは曲毎の4拍のまとまりの設定について、何は無くとも書いて行く。

曲をA卓、B卓どっちでも良いのでいれて見る。

いまは両方の卓に曲が入って曲が流れている。
この段階でA卓の曲の4拍を設定する。
A卓のSYNKの右に1111って感じで縦線が並んでいるボタンがある。

これをタッチする。

A卓がこんな画面に変わりましたね。

1、2、3、4
っていう縦線があるわけです。
そして動いているたてせんが、こんな感じでね、


4拍がドン カツ カツ カツ ならばね。
曲の4拍にあってるわけで。問題ないわけですな。

言いたいことのニュアンス。伝わってるでしょうか。

この状態をずっとキープするために、カギのマークにタッチして、DONEをおして戻りましょう。

もしこれがズレてると、うまくミックスできなくなる。

なんせ機械だからね。間違えちゃうことはよくあるのです。
レゲェとかのピッチが80の曲が160でとられてたり、
ドラムンベースのピッチが150の曲を75でとっちゃってたり。






そんなふうなね。2倍だったり半分だったり。そんな時はこれらをタッチすればいい。

これらを触ることで、2倍になったり、2分の1になったり。そんなわけです。
これで正しくなったなら鍵ボタンをおしてそのあとDONE。


そこじゃない時。
いわゆるカッカッドンッカッなときとか、
半拍ズレてる。そんなズレの時。

一番簡単のはこのTAPモード。

ここを押すと、、

こんな画面がきましたね。
このTAPな部分。ここをですな。
曲のドンッカッカッカッにあわせてタタクわけです。
ちゃんと4拍のまとまりの最初の一拍から叩き始めるのがポイントです。

大抵の曲はこれでただしくセットされるわけなんですが。

わかりづらい波形の時とかは、それでもTRAKTOR DJちゃんが理解してくれない。
なので最終手段として、



こんな感じでズラすわけです。

こんな感じで4拍の設定が決まれば、
あとはもうそんじょそこらのソフトよりも断然使いやすいDJソフトなので、
簡単にやっていけると思うのだ。


もしなんかわかんないことがあったらここのコメント欄にでも書いてくれれば対応しまーす。


Posted from するぷろ for iOS.
スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。