お宅は 人目の物好きらしいよ。 人気ブログランキング - 家でします。 ←そんな楽チンな話あるか!!とスポンサーにたてついてみる

イマを、今日という日々を、生きぬいている全ての人々へ。 家でします。
無料ホームページ ブログ(blog)
家でします。

日々の徒然日記を書きつつ、 今まで読んだ小説、ウェブ上を歩いていて見つけた面白い物を時には辛口で紹介しません

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米国牛食べる位なら狂牛病になった方がまし
2005年03月27日 (日) 22:34 * 編集
2005y03m27d_223747782s.jpg
なんかイラッと来るよね。あの態度。

米国で狂牛病に感染した牛が見つかってから
日本はアメリカ牛の輸入を禁止してるわけで。
最近のあいつ等の圧力のかけ方はヤバイ。報復措置を取るとか言い出した。
アメリカで狂牛病が出る少し前に、日本でも狂牛病が出た。
その日から一貫して、今でも日本の牛肉を輸入していないあいつらがだよ。
日本はアメリカに輸入禁止措置をとられても何の文句もいわなかったし
今でも許してる。一言も輸入を再開して欲しいなんて言ってないよ。
まずは日本の牛肉の輸入を再開しなよ。

それにしてもアメリカは頭オカシインジャナイカと思う出来事が起きた。
米国はカナダ産牛肉の輸入再開を、
信頼の置ける検査を行っていないので取りやめたんだってさ。
ちなみにカナダが行っている牛肉の検査方法は米国と全く同じ
目視によるもの。
自分達がやってる検査方法に対して
自ら安全では無いっていうお墨付きを出しちゃったわけで。
そんな事言ってる脇で日本には米国牛は安全だから輸入しろだなんてさ、
誰がそれで首を縦に振るかよ。とね。思うわけです。
日本が世界で唯一行っている全頭検査をパスした、
国家の責任をかけて確実に全て安全だといってる牛肉を
まず輸入してからでもいいんじゃない?
片方だけが輸入しているのではなくて、あくまでも双方が輸入を止めてる状況で、
一方的にアソコまで高圧的に出てくるのは間違っていると思う。

小学生でもわかるよ。こいつら頭悪いって。
こんな頭悪い奴らの言いなりになる位だったら狂牛病にかかる方がマシだ。
アレ?俺も少し頭悪い。

万が一米国牛を輸入したとしたらどうなるだろうか。
当然消費者はスーパーに並んだって買わないと思うよ。
一応馬鹿じゃないんだから。心無い業者は産地を偽って表示するかもしれない。
外食産業でも安価な米国産牛肉は当然扱われる事になる。
その時にキチンと米国産牛と表示してくれるとは限らない。
さらに直接牛肉としてではなく、加工食品の味付けに使われる
牛肉エキス等にだって米国産牛は使われるだろうね。
消費者が注意していたとしたって、嫌でも口に入っちゃうもんなんだよ。

いくらなんでもその牛肉が生後何ヶ月かっていう情報を
肉の色を目視する事で確認する検査方法に、
確実性なんてあったもんじゃないと思うんだけどね。
スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
結局、「危険部位除去」だけでは、BSE対策の要にはなり得ないことがよくわかる記事をUPします。飼料管理がなっていない牛など食べられませんね。20ヶ月以下なら輸入OK、などと適当な回答を作成した「日米BSE合同会議?」のメンバー個人個人が責任を持って尻拭いをしていただ
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。