お宅は 人目の物好きらしいよ。 人気ブログランキング - 家でします。 ←そんな楽チンな話あるか!!とスポンサーにたてついてみる

イマを、今日という日々を、生きぬいている全ての人々へ。 家でします。
無料ホームページ ブログ(blog)
家でします。

日々の徒然日記を書きつつ、 今まで読んだ小説、ウェブ上を歩いていて見つけた面白い物を時には辛口で紹介しません

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この間のんだ時の神経細胞とp53遺伝子の話
2011年02月18日 (金) 14:11 * 編集

この間新宿でたべたワンタン麺
スープの味は特別対した事なかったけれど、
確かにワンタンはうまかった。
そして量が多かった。

最近出会った逸品な表現
!とか?っていうマークは、
猫が驚いたり不思議がっている時の
尻尾の形からきているわけだ。
後ろからみてるわけだ。

って事は下のマルぽっちは

まぁ、最後までは言わなくて良いよ。っと思う今日この頃。


この間マルユカさんとのんだ時の、
彼女の研究テーマがなんか凄く面白かったのでココにメモってオコウト思うのでした。

p53遺伝子ですよ。
α、βチューブリンですよ。
神経細胞ですよ。
軸索輸送ですよ。
おなじみの単語がドンドンでてきて、
あー歯科大できっちり勉強していてホントよかったと思ったのでした。

彼女はマウスの神経細胞の分化についてやっているらしい。
神経細胞の軸索の橋となるのは微小管だ。
微小管を形成するチューブリンは、αとβからなる二量体なわけだけど、
このβの方に様々な種類があって、
それは分化する組織によってかわるわけだと。
神経細胞がじくさくを伸ばしていく為には
軸策の中を微小管が延びて行かなくちゃならなくて、
その伸張に関わるタンパク質の転写調節を行っているのがp53遺伝子なんだってさ。
p53遺伝子。一番メジャーなガン抑制因子なわけで。
一般的に癌化しそうな細胞の細胞周期を止めるために働いているわけだけれど、
これが神経細胞においてはp53遺伝子によって、
転写促進というか、むしろ癌化に近いプロセスを取ってるんだってさ。
それは面白いねぇ。っと思うのでした。

かなりかいつまんで書いたから所々間違えてるかも知れんけれど、
今の段階で覚えていることをメモっておいた。

間違ってたら訂正してクロ。
スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。