お宅は 人目の物好きらしいよ。 人気ブログランキング - 家でします。 ←そんな楽チンな話あるか!!とスポンサーにたてついてみる

イマを、今日という日々を、生きぬいている全ての人々へ。 家でします。
無料ホームページ ブログ(blog)
家でします。

日々の徒然日記を書きつつ、 今まで読んだ小説、ウェブ上を歩いていて見つけた面白い物を時には辛口で紹介しません

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今度こそっ久留米ラーメンを久留米で食べる レッツだ!!豚骨生活ぅ!
2010年08月28日 (土) 02:20 * 編集
そんなわけで、ようやく久留米ラーメンの記事ですな。
最近豚骨ラーメン三昧で御腹がクマポンどころかチャンポン気味な
外の人ですこんばんは。えへへ。
そーだよねーヒンズー教の人って、福岡には来られないよね。絶対。
イスラム教の人が牛を食べないのは、神聖な生き物だからなわけで。
アレだよね。お隣の国がイヌを食べるさまに対して、どうしても違和感を抱いてしまったり、
キリスト今日の人がクジラを食べる事に反対するような、そんな感じなわけだ。
それに対するヒンズー教のみなさん。
彼らが豚を食べないのは、全く逆の理由なんだそうで。
つまり、ブタってのは物凄くケガレタ生き物なんだってさ。
だから、ホントに心の底から豚は食べたくないし、
ブタ由来の物がはいってたって事がわかるだけで、人によっては自殺したりするんだそうだ。
味の素があっちの国で商売始めた時に、ブタのタンパク質由来のアミノ酸が入ってる事がわかって
大問題になった事もあったしね。
彼らの眼に、ココ福岡はどのように映っているのでしょーか。
彼らにとって見たら泥水喜んで呑んでるようなもんなんだろうな。
ところ変われば宗教も変わって、考え方なんてホント社会によって千差万別なんですねぇ。
この隔たりを、笑顔だけで全部オッケーにできるって思ってるような考え方の人達の集まりの党が、、
国会で議席を確保できてるってんだから。豊かな国だよねホンっと日本って。

そんなわけで。今度こそようやく久留米の豚骨について書いてみましょ。
これは久留米出身の人に聞いた話で、まぁ真偽は確かめていないけれど、
どうやらホントらしいって話。
この久留米っていう土地で、豚骨ラーメンは始まったらしい。
本場ちゅうの本場ってかんじでしょーか。
ギトギト背油、豚骨の臭みなんてそのままお構いなしっ!

ギットギトのブッタブタだぜっ!!
初心者オコトワリな、豚骨の真髄。
そんな豚骨ラーメンなのだそうだ。
関東メンバーで、豚骨ラーメンの臭みが苦手っていう風に思ってしまう人もいると思います。
キャンディもそんな事言ってた。
それはきっとこの久留米系の究極豚骨にやられてしまったってことだね。
そーねぇ、120%トグロ弟に波止場から出たばっかりのドラクエⅤ主人公が出会ってしまった感じ?
パパスもまだ助太刀に来てくれてない段階なのに、、、
だから、そーね。天神とかそういう所の豚骨に改めて向き合ってみたら、
そういった臭みも抑えられた食べやすい豚骨に出会えるのではないでしょーか。

さてさて、そんな事を書いている間に福岡市から車で約1時間。
久留米系の豚骨と言ったら大砲ラーメンでしょうっ。
一風堂での反省を活かして今回はココ、久留米市にある大砲ラーメンの本店にやってきました。
細い路地、ちょっとわかりづらい所を進んでいくと
急にゴイーンって登場する
moblog_49c71174.jpg
大砲ラーメン本店である。
クリックでサイトにジャンプ

呼び戻しスープっていって、アレなんだってさ。
スープの寸胴に毎日毎日継ぎ足し継ぎ足ししていく感じ。
老舗の焼鳥屋とか、ウナギのかば焼き屋さんのタレ壺みたいな事をしているのが、
この大砲ラーメンの特徴らしい。
臭みを取り除くとかそういうのは女子供のする事っ!!
漢だねぇ。

早速お店に入ってみる。。。

う、、、

さ、、す、、がにこれは、、、

強いにおいですな。

このギットギトの豚骨が好きなkゾエ君が言っていたよ。

犬の耳の匂いがタマらねぇンだと。

まさか、、

まさか、



これじゃホントにイヌの耳の匂いじゃないかっ!!

すげぇなぁおい。
でもなんだろう。最近豚骨に慣れているせいか、
案外食欲をそそるんだよねこのカオリが。

早速昔ラーメンと昔チャーシューを頼んだ。
moblog_4d445d0b.jpg

夢中で食べていて写真撮るの忘れちゃったから、
残ったスープの写真で勘弁してちょうだい。
表面に浮かぶ脂のカタマリ。これが120%か。。。

味の感想は後で書くとして。
帰りの車の中で、鼻の中に残った豚骨の香りに改めて驚愕しつつ、
黒ウーロン茶の500mlボトルをがぶ飲みして帰るのでした。
よっし。明日は朝早いし。今日はもう寝るとします。
スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。