お宅は 人目の物好きらしいよ。 人気ブログランキング - 家でします。 ←そんな楽チンな話あるか!!とスポンサーにたてついてみる

イマを、今日という日々を、生きぬいている全ての人々へ。 家でします。
無料ホームページ ブログ(blog)
家でします。

日々の徒然日記を書きつつ、 今まで読んだ小説、ウェブ上を歩いていて見つけた面白い物を時には辛口で紹介しません

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
刺身醤油について考える
2010年06月29日 (火) 06:09 * 編集
P4041034.jpg
ちょっと前にラスマスが福岡のクラブに来た時の写真。熱かったねぇ。

でも今回のアツイは熱いじゃなくて暑いの方。
あちーよ。暑いよ福岡。ようやく梅雨の季節に入ってきまして。
涼しくなるかなぁって思ってたらさ、全然涼しくないのね。雨降っても。
雨降ったら気温さがれよ素直にって思う所ですけれど、全然ダメ。
湿度が上がるだけっちゃんね。←これ、福岡弁ね。
基本的にさ、5月末くらいになってきてさ、気温が上がるわけだよね。
なんか最近暑くなってきたなーって思ってると、梅雨の季節に突入。
雨のせいでチョット寒いような。夏の前に一気に気温が下がるような日々。
一時の涼しさ。アジサイ、カタツムリ、雨上がりの虹。幼児のレインコート。
その梅雨が終わった瞬間一気に夏突入っていうのがさ、
四季オリオリの季節感を楽しむ日本のわびさびっていうかなんていうか。
そういうもんでしょ?って思うったい。←これも福岡弁ね。
つまり福岡は日本じゃネェッ!!ってこったな。ガッテン!!

世界的サッカーイベントは日本戦しか見ていないそんなニワカナ外の人ですこんにちは。
それでもなぜか寝不足な外の人ですおはようございます。
最近デジカメがどっか言っちゃいまして。そのせいでブログ書く気が一気に失せた外の人ですこんばんは。

なんだろねぇ。この蒸し暑い気候の福岡に15か月くらい住んでまして。ちょっとした変化があったんですよね。
味覚です。味覚。 なんかね、食べ物の志向が変わったのよね。
とりあえず焼酎を飲むようになった。飲み屋で。
基本的に暑いわけです。そういう日にね、キンキンに冷えた日本酒もいいんだけどさ、
焼酎の水割り?こっちの方がしっくりくるんだよね。
日本酒の甘みとか辛味とか。そういうのがね、キュッとイケないんです。この気候だとね。
逆に冷えた焼酎の味の方がしっくりくるんだよね。
なるほど 九州で日本酒が流行んないのは気候のせいで美味しい日本酒が作れないからだと思ってたけれど、
実際のところはそうじゃなくて、気候的に日本酒よりも焼酎の味の方が好まれるっていう意味合いもあるんだなと。
そう思ったのでした。やっぱりその地域によって地域特有の気候があるわけで。
郷土料理ってのはそれに根付いているものなわけだから、その地域の気候に馴染んでくると
味覚もそこの地域に自然と変化して来るんだなぁと。思ったったい。←口調も福岡弁に変化するわけだ

そんでね、そんな自分の味覚の変化で一番驚いたのが、刺身醤油が好きになっていた事。
そう。刺身醤油。関東のみなさんにはそんなに馴染みないよね。
チョットした飲み屋に行けばあるか。刺身醤油も。でも結局普通の醤油の方が美味しいんだよね。
福岡で醤油っていうとね、この刺身醤油がスタンダードで、普通の醤油の方が珍しい。
この刺身醤油。スタンダードに比べて何処が違うかというとですね、
砂糖が入っている所なんです。甘みがあるの。そしてトロッとしてるの。
ドロッとしてるって言う方がしっくり来るかなぁ。
刺身パックを買ったときに入ってる醤油は当然この刺身醤油だしね。
飲み屋とかに行っても、醤油はこの刺身醤油しかなくて、普通の無いっすか?って聞いても無い所もある。
これがさー受け付けなかったんだよね。最初は。
醤油ってさ、生まれた時からずっと親しんできたものじゃん。
それがさ、急に砂糖が入っているのを当たり前に使うなんて無理だよね。
目玉焼きに砂糖醤油。信じられないでしょ?
そういえば、醤油っていえばムタだったな。元気してんのかなアノヒト。
今度おくってあげよう。こっちの砂糖醤油っていう代物を。
そうそう。そんなわけで。醤油に関してはどうしても馴染めないからスタンダードを使ってたわけ。
そんでウチに来た人が、醤油使う時にね、あれ?この醤油ナンカオカシクナイとかって言ってたわけ。
うるせーここは福岡じゃなくてオレンチだ!!っと頑なに刺身醤油の導入を拒否してたわけだ。
やだよーせっかくの刺身にもさ、この変な味のする醤油使いたくないよって思うんだけど、
でも現地の人に言わせると、逆にスタンダードの醤油だと物足りないんだそうだ。ココホントに日本?って疑うよ。

そんななかです。このアイダの週末に酒飲もうって思ってスーパーに行きまして。
お刺身のマグロ赤身パックが物凄く安くなってたから。
俺が買わないかったらこれどーせラードの塊りと混ぜてねぎとろになっちゃうんだろ棄てられちゃうんだろって思いまして。
買ったのね。でも醤油切らしてたわけだ。だから仕方なく備え付けの刺身醤油つかうじゃん?
チョット残念な気分ですよね。せっかくの週末の晩酌で食べる刺身にさ、砂糖掛けた状態で食べるようなもんだもんね。
でもいっか。ノモノモって思って一切れ食べたラサ、ウメーでやんのコレ。
この味の濃さ?ドロッとした感じがね、美味しく感じてんの俺。
しかも黒霧←(福岡で一番メジャーな焼酎)に合うんだコレが。ゴクゴクイケちゃう。
ナルホド。これが福岡の酒&肴か。悪くないね。
なんだろね。いっぱい汗かくからかなぁ。暑くて。だから味のコユイツマミが美味しくなってるんだね。
さっきも書いたけどアレデスカ。気候にあった食べ物って事なのかね。これも。
そんなわけで。関東で使ったら絶対大ヒンシュクで、避難GO!GO!な刺身醤油ですけれど、
コッチの気候に馴染んでくるとナルホド確かに美味しいわと。そんな風に思うのでした。
そりゃ血圧も高くなるわな。
逆にスタンダードの醤油だとさ、気候のせいで味の劣化が早いんだよね。
時間がたった醤油独特の不透明でどす黒くて、変な味になっちゃうあれ。
刺身醤油だとそれも抑えられてるわけなのよね。
そんな事を思う火曜日の朝。まったく寝てないぞっ。
最近JAZZ系の曲を繋ぐ事に夢中になってまして。そのせいで気がつくと朝な日々。
スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。