お宅は 人目の物好きらしいよ。 人気ブログランキング - 家でします。 ←そんな楽チンな話あるか!!とスポンサーにたてついてみる

イマを、今日という日々を、生きぬいている全ての人々へ。 家でします。
無料ホームページ ブログ(blog)
家でします。

日々の徒然日記を書きつつ、 今まで読んだ小説、ウェブ上を歩いていて見つけた面白い物を時には辛口で紹介しません

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生絞りサワーについて考える。
2010年03月04日 (木) 17:17 * 編集



関東でさ、飲み会やってたら誰か一人は頼むよね。生絞りサワー。
オレンジとかグレープフルーツとか。レモンも良いね。
これらをゴリゴリやって飲むサワー。大好きなんだけどね、
これ、九州だと全然メジャーじゃ無いんです。
飲み屋のメニューに無いんですこれ。
天神まで出て行って、そんで和民とかに入ればあるよ。
そりゃーチェーンだもんね。
でもさ、その和民的な居酒屋チェーンがホトンド幅を聞かせてないからさ、
結局みんな知らない。逆に関東における九州のそういう物って言うと、
焼き鳥の下に敷かれてる ウマダレがカカッタ食べ放題ざく切りキャベツとか、
ブラックモンブランかな。これ、関東メンバーみんなキョトンだよね。

その生絞りサワーです。
九州での飲み会ではとんと見かなカッタ分け。
これ美味しいよね。
てんちょーっ!!生絞りオレンジでっ!!って頼むわけだ。
そうすると写真みたいな感じでね、焼酎+炭酸水な液体。
そしてサザエさんオープニングスタイルで切られた柑橘系フルーツ&んーなんだこれ、絞り器?
絞り器でいいや。この絞り器が置かれるわけですね。
そんでさ、みんなメイメイに作るわけです。
ゴリゴリっとね、果肉と一緒に果汁を絞り出しまして。
それをジョッキに流しこみまして。
グルグルやってゴクゴク呑むのです。
果肉のツブツブ感。更に袋部分に含まれる柑橘系独特の苦味がアクセントになりまして。
スッキリ爽やか壮快クール飲み物になるわけですな。
この生絞りサワー。飲み会の席でね、先輩の奴を上手に作れるかどーかで、
後輩の段位が決まるわけです。物凄く美味しく作れれば、名誉後輩の称号も夢じゃない。
でも実際そこまでの道は厳しいんです。
先輩によって好みが全然違う感ね。
しっかりゴリゴリやって、果汁、果肉だけでなく、
あの袋部分も一緒に入れて欲しい人もいれば、
そんなのが沢山入ってると飲みづらくなるから嫌がる人もいる。
他にも種が入ってたら怒る人も居るしね。
こういうね、一人一人の先輩の奴を好みをしっかり見極めた上で、
それぞれに最適な生絞りサワーを作れてようやくあれです。
後輩の代理 保佐見習いの称号が貰えるわけで。
結局さ、そんなメンドクセーことやってたって酒がマズくなるだけだしね。
みんな自分で好きなヨーに作って その最中 楽しく話題を振りまいていてくれる。
結局そんな後輩にこそ、最上位 伝説の後輩の称号が授けられて居るので有った。

さてさて。九州で生絞りサワー無いっていう話だったね。またヤっちゃったね俺。
そりゃーね、線路のスイッチを切り替える人がバカなんですから。
話も物凄い勢いで脱線しますわ。

九州だとね、気候的に日本酒があんまり作れないんだってさ。
十分な寒さが無いからね。だから種類も全然豊富じゃなくて僕ションボリなんですけれども。
その分ね、美味しい(俺的にはまだよくわからんけど)焼酎が物動く豊富にあるの。
地酒って感じで地焼酎って感じ?
だからさ、みんな飲み会でバンバン呑むの。
焼酎ロックとか5:5とかを。
ロックとかの焼酎アオッてさ、ッカーウメーですって。
そんな変態奴すくなくとも学生ではイネーヨ関東人に。
そんで俺が飲み会で冷酒2号とか頼むとさ、
それこそ不思議そうな顔されるの。
日本酒なんか飲んじゃって悪酔いしない?っとか心配してくれる。
いやいや焼酎ロックの方が断然危険ですからっ

そんな感じでさ、焼酎その物の味を味わう風土なんだよね。
銘柄ごとの味の違いとかもキッチリ飲み込む。
つまりこれって俺ら(って言い方もおかしいけど)が日本酒に対して求めてることなわけだよね。
日本酒にさ、カルピスで割ったり、柑橘系の果汁入れたりするのはケシカランじゃん。
その考え方を焼酎にまで広げてるわけだよね。
焼酎にそんな事するのはケシカランっと。なるわけだ。
だから焼酎をそんな風にして飲む文化がそこまで育たないから、
サワーくらいはあっても、生絞りサワーみたいな所まではまだネズイテいないんだねっと。
そんな風に思ったのでした。
只今湘南台に移動中です。
今夜は鳥海山だっ!あそこの焼き鳥チョータノシミ。
生絞りをしまくろーっと。



スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。