お宅は 人目の物好きらしいよ。 人気ブログランキング - 家でします。 ←そんな楽チンな話あるか!!とスポンサーにたてついてみる

イマを、今日という日々を、生きぬいている全ての人々へ。 家でします。
無料ホームページ ブログ(blog)
家でします。

日々の徒然日記を書きつつ、 今まで読んだ小説、ウェブ上を歩いていて見つけた面白い物を時には辛口で紹介しません

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頑張れライブドア
2005年02月27日 (日) 22:59 * 編集
画像をクリックでまとめサイトへ

この間 結局何チャンネルを見れば良いんだろう
っていうブログで 通りすがりさんが
ライブドア対フジの動向をまとめてくれたサイトを紹介してくれたので見て来た。

今回フジテレビがライブドアにやった対抗策ってやっぱり汚いよね。
新株予約権とか何とか、そこら辺はどうでもいいとして、
金の動きはグループの中でしかしてないから
結局そのグループは何の損もしてないまま
ライブドアに対する抵抗力だけが増されるっていう事だもん。
家族に対して金を払って、株を買った所で、
払った金の行き先だって家の中だし、
株だって結局は家族の中のもの。

脱税する時によく使われた手口で、
妻とか親、つまり家族を社員にして 給料を家族に大量に払う方法に似てる。
給料を大量に払ってるんだから、会社の儲けは少なくなる。
当然税金だって少なくなるけれど、
結局払ってる相手は家族なんだから事実上何も損しない。
そんなのを思い出す。

ライブドアに対してみんな目くじらを立てるけど、
彼らがやってきた事は、そんなに悪く言われる事なんだろうか

新球団の話だって、彼が口火を切ったおかげで
野球界の問題が浮き彫りになった。
結果的に野球に皆の意識が向いた。
美味しい所を掻っ攫っていった楽天は、まぁ好みのやり方じゃないけど、
ビジネスの世界では良くある事。
その後のソフトバンクが余りにもスムーズに、
球界に入って行けたって事の方が気に食わない。
マスコミすら静かだったのはやっぱりあいつの苗字が孫だからか
こういう逆差別が一番嫌いなんだけどな。

話を戻そう。
今回のライブドア対フジの問題だって、
ライブドアがやってる事は
消費者の生活に決して大きな影響を与える物ではない

外資系に放送局を操作される事になりかねない とか
言ってるけれどsk学会に握られてるTbSとかの問題はどうなわけ?
宗教団体に握られてる事の方が問題だろ。
SKに社会的害が無いなんて誰が決めた?
そりゃーシナに握られるような事があったら嫌だけど。
3割を外資に持ってかれたら
放送免許取り消しっていうルールがあるんだからいいじゃん。

むしろ株式の世界を覗く事が出来たし、
フジと政界の汚い体質を垣間見る事が出来た

やり方が汚いとか何とか言ってるけど、公共の電波を使って
汚い事を散々やってる奴らが言った所で説得力ないよ。
元々狙われ安くて胡散臭いグループ形態とってた
フジにも問題は有るんだし。

こうやってライブドアがやって来た事を振り返って見ると、
俺達にとってマイナスになるような事をしているっていう話は見えて来ない。

彼らに対してアソコまで放送局が危機感を持つのも当然か。
ナンダカンダ言って今まで殆んど
経済的な波に揉まれなかった集団だもんね。
地上波の民法の競争相手は当然他局になるわけだ。
その空間で競い合うのは基本的にたったの5社
同じ時間帯に最下位でも5位だ。スポーツの世界なら堂々の入賞だ。
それならスポンサーだって何だかんだ言ってついてくれる。
どうしても勝てない時間帯なら他の4社よりも
その時間帯の広告料を安くすればいいだけの話。
インターネットがテレビに取って代わる時代だとかなんだとか言ってるけれど、
ネットはまだ一日に100万人が来てやっと成功って言われるレベルでしょう?
100万人ってアレだよ?テレビでいう視聴率の 1%にしか過ぎない
一日に見てる人の割合で直したらどれだけの人が見てるのか想像もつかない。
そりゃースポンサーだって何だって着くわな。
しかも日本テレビみたいに、場合によってはハシタ金をヒョイって積むだけで
1%なんていう数字は動かせるんだし。

そういう温室的で、外部からの攻撃が殆んど見られなかった世界に
一石を投じてくれたライブドアは凄いと思うし、
応援したくなるのが自然の流れなんじゃないかなぁ
スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。