お宅は 人目の物好きらしいよ。 人気ブログランキング - 家でします。 ←そんな楽チンな話あるか!!とスポンサーにたてついてみる

イマを、今日という日々を、生きぬいている全ての人々へ。 家でします。
無料ホームページ ブログ(blog)
家でします。

日々の徒然日記を書きつつ、 今まで読んだ小説、ウェブ上を歩いていて見つけた面白い物を時には辛口で紹介しません

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豆腐と納豆の名前の由来ってしってた?
2006年11月16日 (木) 22:06 * 編集
豆腐もさ、納豆もさ、おいしいよね。
どっちもゴハンに合うしさ。
でもさ、納豆がご飯に合うっていうのはさ、ちょっと違うと思うの。
納豆のタレだよね。ようはさ。
納豆だけ食べてみなよ。なんか苦いだけよ。
これじゃぁご飯は進みませんね。
やっぱりね。タレのおかげなわけ。
だから!ご飯にあるのは納豆じゃなくて、タレなんだ!!
って声を大にして言いたいわけよ。
うん。

まー関係ない話はこれくらいにしておきます。
名前の由来の話だったね。
納豆と豆腐。よくいうのはさ、どっかで逆になっちゃったっていう説。
俺も信じてた。説って言うほどのものでもないんだよね。
何となくソウナンジャナイ?って感じでみんな信じてる話。
ようはさ、豆腐。マメが腐るって書くじゃん。
まさにナットウの事だよね。
そして、納豆。マメを納める。うん。
豆腐を作る時にそういう工程あるジャン。
そんな感じ。

これが中国から日本に伝わる間に逆になっちゃったんじゃないの?
っていう説よ。でもね、これって嘘だったらしいよ。ゴメンネ。
俺も大学で知ったかぶりして話してた。
正しくはこんな感じらしい。

っと、ここまで書きまして、
これからからカラオケに行かなくてはならなくなったのです。
明日試験だけれどね。うん。大丈夫。
よし。ワンナイトカーニバルだ!

はい。ただいまです。喉枯れ枯れ。よし。続きを書くぞ。
ウィキペディアで調べてみたわけよ。豆腐と納豆をね。
まず豆腐。
TofuWithSoySauceAndCarrot[1].jpg
クリックでwikipediaにジャンプ


「腐」の字は本来柔らかく弾力性があるものを意味するものであったが、
日本では食品に「腐る」という字を用いることを嫌って、
豆富や豆冨などと記すこともある。
豆腐を好んだ作家泉鏡花は、
極端な潔癖症でもあったことから豆府と表記した。

っだってさ。ようは豆の柔らかい物って言う意味で
豆腐っていう感じを当ててたわけだね。
腐るって言う字にそういう意味があったとは。驚きです。
そして納豆。
Natto_mixed[1].jpgクリックで専門ページにジャンプ

納豆という名前は、寺の納所(台所)で作られたことに
由来するといわれています。
肉食が禁じられていたお坊さんたちにとって、
納豆は非常に重要なタンパク源でした。
納所で大豆を原料に作るから「納豆」。


だそうです。なるほどねぇ。
名前が逆に伝わったっていうのも、まぁ確かに説得力はあるけどね。
でも、こういうキチンとした由来を聞くと、
なるほどなぁって思ってしまうね。
ガッテンガッテンガッテン!
スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。