お宅は 人目の物好きらしいよ。 人気ブログランキング - 家でします。 ←そんな楽チンな話あるか!!とスポンサーにたてついてみる

イマを、今日という日々を、生きぬいている全ての人々へ。 家でします。
無料ホームページ ブログ(blog)
家でします。

日々の徒然日記を書きつつ、 今まで読んだ小説、ウェブ上を歩いていて見つけた面白い物を時には辛口で紹介しません

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パズラーを見たよ
2006年08月15日 (火) 19:23 * 編集
悪巧みはするモンジャナイネ。
NSTD-0163S_M[1].jpg
クリックしても公式サイトには飛ばない。
無いから。

人里離れた山荘で展開される、謎と恐怖と欲望にあふれたサスペンス。
バカンスでアルプスの山奥に来た5人の若者は、辿り着いた山荘で3人の男の死体と黄金の首飾りを発見する。
黄金に目が眩んだ彼らは、死体を処理して首飾りを売りさばこうと企む。
しかし、突然現れた見知らぬ男の存在によって、
運命の歯車は大きく狂いだすのであった。



だそうです。
ほほぉ。またまたsawダマシですか。
素直にさ、この文面を読むと、
疑心暗鬼に駆られた5人がお互いを殺し会う展開を想像してしまうじゃん。
ジャケット的にも、紹介文的にもsawを意識させる感じ。
でも違いました。サスペンスっていうよりアクション、かなぁ。
最後の最後に黒幕がわかるわけでもないし、なぁ

突然現れた男が、5人を口封じのために殺そうとする。
それから必死に逃れようとする。っていう映画だからさ。
そりゃー運命の歯車も狂いますけどね。
だいたいパズラーっていう題名になんの意味が在るんだろう。
この間紹介した5iveはさ、
無理した感じはあるけれど一応そのフレーズはでているのさ。
それでも許せない内容だったけれど。
今回のはマッタクパズル関係ないよ。ホントニ。
最後の最後に大ドンデン返しが!!見たいな事も書いてあったけどね。
どこら辺で大きなドンデンを返したんだかマッタク判りません。
普通にあ、そう。っていうのはあったけど。
でもさ、他の所ではこのsawダマシのせいでクソミソに言われているけれど、
そんなに悪い映画でもなかったと思うよ。
途中でこれはsawとは違う映画って切り替えたら
けっこう楽しめたしね。

所々で笑える演出もアリ。かといって最後まで息をつかせない感じ。
とにかくこの映画を借りる時はsawとは違うんだぞ。
って認識した上で借りて頂戴。それをわかった上で見ればアリ。
少なくともsawダマシ系映画の中では一番面白いと思うよ。

チナミニ最近sawダマシっていうフレーズを使うようになったけれど、
ジャケットとか紹介文であたかもsawみたいな
ソリッドシチュエーションサスペンスのフリをしておいて、
いざ借りて見るとマッタク内容的にsawみたいな映画とは
言えない作品をさしているの。
スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。