お宅は 人目の物好きらしいよ。 人気ブログランキング - 家でします。 ←そんな楽チンな話あるか!!とスポンサーにたてついてみる

イマを、今日という日々を、生きぬいている全ての人々へ。 家でします。
無料ホームページ ブログ(blog)
家でします。

日々の徒然日記を書きつつ、 今まで読んだ小説、ウェブ上を歩いていて見つけた面白い物を時には辛口で紹介しません

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダ・ヴィンチコードを見てきてしまった(映画)
2006年05月29日 (月) 23:39 * 編集
思わせぶりな表情しやがって
ちくしょう!
p7141761[1].jpg
クリックで公式サイトへ。


開始直後に見に来たホトンドの人を置き去りにする映画!!
先に感想を言ってしまえば、
つまらなかった!!金返せ!!
な、気分。

色んな所でさ、モナリザの絵と一緒に
「ダ・ヴィンチは、その微笑に、何を仕組んだのか」とかいってるじゃん。
そんな広告のされ方をすればさ、モナリザの微笑みに、
ダヴィンチが描きこんだ秘密を、
この映画の中で明らかにするんだろうなって思うわけよ。
でもさ、モナリザが出てくるのなんて序盤中の序盤。
しかもほんの一瞬。

「モナリザといえば背景の左側と右側の描かれている大きさが
違うんだよねー。」って、モナリザの絵の前でいうだけ。
色んな所でもう何度も言われて来た話をさ、
チョロって出しておしまい。
まーさ、あの分厚くて、ウンチクばっかりの小説を、
2時間の映画にする事に、無理があったんだよね。

カトイッテ、余分なウンチクをカットして、内容を強化したのかな?
って思うとそれも違う。内容も中途半端。
ずっとヒマ。ヤマって言えるようなさ、緊迫する場面全然ナシ。
登場人物が勝手に暗号を解いてさ、
(って言ってもその暗号だってダヴィンチが遺した暗号じゃなくて、
映画の一番最初に殺されちゃった秘密を握っている人が遺した暗号。)
勝手に目的地を設定して、勝手に次の暗号を見つけてって感じでさー。
それにも関わらず展開はメチャクチャ早いからさ。
原作をよんで、どこでどんな事が起こるのかが
ばっちりわかっている人にしかついていけない。

ましてや俺たち日本人はさ、
キリスト教の現状とかその他、詳しい事は全くわかってないじゃん。
聖書なんて生まれてコノカタ一度も読んだ事ネーヨ。っていう人が殆ど。
そんな俺達には全く理解できないんだよね。
例えばさ、あの映画のなかで、登場人物達が、
彼らにとってトンでもない事実を知る場面があるわけ。
でも俺達にとってはそんな事知ったコッチャないからさ。
全く感動できないんだよね。
キリスト圏の人が見たら驚愕を受けるのかも知れないけどね。

実際隣で見てたユカにはチンプンカンプンだったらしい。
この映画を見るからには、
キリスト教の予備知識をきちんと蓄えていかないと×。
じゃないとホントに無駄な時間を過ごすよ。
まー知ってた所で楽しめない。そんな映画。

そして、一番の問題な所は、映画化した事で、
物語の全てが嘘っぽくなっちゃったって言う所なんだよね。
小説はしっかり出来ているんだよ。
実在の場所、実在する結社、キリスト教組織、等等。
これらをキチンと説明していて、その組織同士の抗争の歴史、
現在社会中での活動内容を正確に記述している。
その中で、しっかりしたフィクションを書いて、読者を引き付けた。
でもさ、映画の中でのその組織の描かれ方が
なんかうそ臭くなっちゃっててさ。
どこまでが現実社会でも起こっている事で、
どこからがフィクションなんだかっていう見分けが全くつかない。

結局全部嘘っぽく見えちゃうんだよね。
だから見てる俺達にしてみれば、クソツラマラい物語を
二時間垂れ流されるだけ。そんな感じ。

小説が良かったのに勿体無いよ。ホント。
読みやすかったしタメになった。
アンナ映画を作られちゃったラサー小説の価値も下がるよね。マジデ。

まーさ、感情的に批判しているから、いま一つ読みづらいだろうと思う。
それは申し訳ない。でもさーこれはホントに酷かったんだよ。
この間、ここでも書いた宇宙戦争でもがっかりさせられたけれどさ、
それを余裕で超えてるわ。

結論(これから見に行こうと思ってる人へ)
この映画の中で取り上げられる内容、特に一番大切な部分はさ、
どーせ近いうちにTBS「世界ふしぎ発見」とかで取り上げられる、、
つまりその内テレビでもやる事だからさ、
わざわざこんなクソ詰まんないお話とセットにして、
ましてや安くない金払ってまで見る必要は無いよ。



嘘だ!!って思った人だけ、見ておいで。
そしてガッカリして頂戴

ここから若干ネタバレ。
そして最後の最後。ラングドンが、
「それは君だ!!」(仲間ユキエ風にね)って言う場面が来るんだけどさ、
あれがホントに取って付けた様な雰囲気なんだよね。
スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。