お宅は 人目の物好きらしいよ。 人気ブログランキング - 家でします。 ←そんな楽チンな話あるか!!とスポンサーにたてついてみる

イマを、今日という日々を、生きぬいている全ての人々へ。 家でします。
無料ホームページ ブログ(blog)
家でします。

日々の徒然日記を書きつつ、 今まで読んだ小説、ウェブ上を歩いていて見つけた面白い物を時には辛口で紹介しません

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デセプションポイント(小説)
2005年06月05日 (日) 00:58 * 編集
ダン・ブラウン
4047914932.09.LZZZZZZZ[1]s.jpg4047914940.09.LZZZZZZZ[1]s.jpg

あのダヴィンチコードを書いた人の最新作。
天使と悪魔、ダヴィンチコードに続いて 今回も薀蓄の波が押し寄せて来る。
ただ豆知識を蓄えたいだけならば文庫サイズの雑学本を読めば良い。
単なるウンチクの寄せ集めにならずに息を呑むサスペンスにしてくれてるのが
ダン・ブラウンの良さだと思う。

それに、もし ダンブラウン以外の人間がこの物語を書いたとしても、
読者は「そんな馬鹿な」っていう気持ちになって
一気に読む気を萎えさせてしまうのだと思う。
だって「地球外生命体の存在を確実に裏付ける証拠をNASAが発見して、
それを巡って政治的駆け引きが行われる話。」だよ?ようは。
単純にそれだけを聞いて、どこの漫画の話だよっていう印象しか受けないだろうと思う。
落ち着いて考えると余りにもコミカルな大筋なのにも関わらず、
この作品に現実的が説得力を備えさせる事が出来るのは、
作者の実力に他ならない。
念入りに書き込まれたNASAやホワイトハウスに関する薀蓄が
リアルさを演出してくれている。
最近の小説では無駄に大量の雑学を絡ませてくる物は少なくない。
しかしこの作者の場合は物語にリアリティを与える為のスパイスとして
しっかり機能しているわけ。そういうのって案外珍しい

政治的な駆け引きとかもミモノ。

以下軽くネタバレ
でもいい加減黒幕のパターンがマンネリしてきちゃった気がする。
「天使と悪魔」にしろ、「ダヴィンチ」にしろ、
一番主人公達の行動を後押ししようとしてくれてる人間が黒幕だもんね。
ま、そんな事はこの作品の良し悪しとは全く別次元の問題だけどさ。
スポンサーサイト

駄作ですね。 bykaku
 前2作に比べるとつまらん作品でしたね。かなり失望しました。設定がありきたりで、あまりオリジナリティーを感じませんしご都合主義も目立つちます。ヒギンズやマクリーンの作品のほうが断然面白いです。天使と悪魔が良くできたフィクションだっただけについ期待してしまったのがいけなかったのか。金返せェ・・・・・・です。

Comment
・駄作ですね。
 前2作に比べるとつまらん作品でしたね。かなり失望しました。設定がありきたりで、あまりオリジナリティーを感じませんしご都合主義も目立つちます。ヒギンズやマクリーンの作品のほうが断然面白いです。天使と悪魔が良くできたフィクションだっただけについ期待してしまったのがいけなかったのか。金返せェ・・・・・・です。
2005/06/28(火) 22:40:50 * URL * kaku #-[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。