お宅は 人目の物好きらしいよ。 人気ブログランキング - 家でします。 ←そんな楽チンな話あるか!!とスポンサーにたてついてみる

イマを、今日という日々を、生きぬいている全ての人々へ。 家でします。
無料ホームページ ブログ(blog)
家でします。

日々の徒然日記を書きつつ、 今まで読んだ小説、ウェブ上を歩いていて見つけた面白い物を時には辛口で紹介しません

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
封印再度WHO INSIDE
2005年05月31日 (火) 01:39 * 編集
作者 森博嗣
2005y05m18d_052541369s.jpg
同情ですか?萌絵はすぐにきいた。
犀川は答えられなかった。
彼はまた、煙草の煙を吐く。
そのとき、自分の演技は無駄だった、と犀川は確信した。
いや、そもそも何もしていない。演技?
彼女は知っているのだ。
動機が不純じゃあ、いけないかな?あまり、不純じゃない動機ってやつに、
僕はお目にかかったことがないからね。
そうでもなかった。不純じゃない動機も、確かにある。

二人は数字の11よりも近づいた。


↑なんかこの表現が好きだったけど、これが使われてるのは他の本かもしれない。

香山家に代々伝わる二つの家宝。いわゆる壷と箱。
箱を開くためには鍵が必要なんだけれど、
それは壷の中に入っている。
けれど、壷の口よりも中に入っている鍵の方が明らかに大きいから
取り出す事が出来ない。
割って取り出してしまうのが一番早いんだろうけれど、
歴史的価値がアマリニモ高いために破壊してしまうわけにはいかない。
精密な検査をすると確かに壷の中には鍵の様な形をした金属が入っている。
壷を作るときに中に鍵を入れたんじゃないの?
そんなことも考えてみたりするけれど、香山家の過去の歴史では、
確かに箱の鍵が開かれた事があったらしい。
そしてこの話の中でも。

いったいどうやって。。。

けっこうお気に入りの話。

いつも思うけれど森が作る話の題名って凝ってるよね。
中にいる人。もう一度封印される。
英題も邦題も同じ音なのに、きちんと内容にリンクしてる。
この後に出てくる「夢・出会い・魔性」。
この題名のつけ方なんてかなり来てる。
英題はYOU MAY DIE IN MY SHOW。
しかも邦題は「夢で会いましょう」って読める。
かっこいいよね。夢に出てくる魔性の女性が話のメインになってるし、
テレビのクイズショーの収録中に起こる殺人。
そして夢で会いましょう。ちゃんとリンクしてる。
短編集に「どちらかが魔女」っていう話があったけど、
それは「WHICH is THE WITCH」だったしね。

短編集を読むとわかるけどこの作者の言葉遊びっぷりは凄い。
物凄く長い回文とか、アナグラムとかをバンバン載せてる。
暇なときはこんな事ばっかり考えてるんだろな。
頭の良い人は違うなって思う。
スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。