お宅は 人目の物好きらしいよ。 人気ブログランキング - 家でします。 ←そんな楽チンな話あるか!!とスポンサーにたてついてみる

イマを、今日という日々を、生きぬいている全ての人々へ。 家でします。
無料ホームページ ブログ(blog)
家でします。

日々の徒然日記を書きつつ、 今まで読んだ小説、ウェブ上を歩いていて見つけた面白い物を時には辛口で紹介しません

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえずまちがいない事
2013年02月24日 (日) 04:32 * 編集
そんなわけでここ最近はひたすらcbt
の予想問題を解いてるわけですが。

口臭を主訴として来院した患者さんに関する問題は、
ほぼ間違いなく患者さんの思い過ごしっていう所に落ち着くね!!

いわゆる口臭恐怖症ってやつだ!

そんな患者さんに対する対応の5択が出るわけだけど、
必ず入ってくる心療内科、いわゆる精神科を勧めるってのは間違いなんだね。

患者さんの訴えをありのままに受け入れる。

コレなんだなと。

歯髄刺激性が低いのはグラスアイオノマーっていう問題に対して、
みんなで酸化亜鉛ユージノールは?
ってみんなで悩んだわけだけど、
酸化亜鉛ユージノールって歯髄刺激性あるんだなと。
歯髄刺激性あんど鎮痛、消炎効果なんだなと。

だけん歯髄刺激性だけでみたらやっぱりグラスアイオノマーなんだなと。


そしてなんだか知らないけど俺の体重が過去最高記録を突破したんだなと。

この間食卓に置いてあった菓子パンを
ムシャムシャムシャムシャ食べてる物凄くリアルな夢を見たのでした。
ストレスが溜まると食に走っちゃう俺ちゃんなわけで、

夢の中でまで暴食するってのはけっこうきてるなぁと。
思ったのでした。

そして自室をでて、

食卓の上に散乱する菓子パンの包み紙を目の当たりにしまして。

イヨイヨヤバイなという事を痛感したのでした。




今日も今日とてジョイフルなのです。

日が登ってる間は勉強できないボクチン。
日が沈んだ頃にジョイフルにきまして、
朝までシコシコやりまして。
モーニングを食べて帰る。
そんな日々なのであります。

モーニングメニューってなんか得した気分というか、
嬉しい気持ちになるよね。

CBTの本番は火曜日なわけで、
そろそろ昼夜逆転をなんとかしないといけないなと。

そんな事をおもいつつ。
ケニーマコミック君精神で頑張るのです。
スポンサーサイト
# * 未分類 * Comment (0) * Trackback (0) *
飯野賢治さんが亡くなったそうです。いま思うとあの時代のゲームってすごかったよね。
2013年02月22日 (金) 16:15 * 編集
昨日ニュースをペラペラみてたらこの見出しにぶつかってさぁ、
んもぉショックだったね。

飯野さん、モノスゴク頭が良くて、
才能の塊でさぁ、
チョチョイッて感じで彼が作曲した、
iPhoneアプリの
ニュートニカ サウンドプレーヤーは今でも現役だもん。

このニュースを見てさ、
ふと飯野さんが活躍してたセガサターンとか、
プレステが出始めた頃を思い出して見た。

あの頃は良かったみたいなね、懐古厨なことが言いたいのではなく、
でも、確実にあの頃はすごかったよね。

CDロムのゲームが主流になって、
カセットのスーファミが一本1万前後するのが当たり前の時代に、
3800円とかでクラッシュバンディグーになっちゃって。

そこから一気に色々なゲームが出てきたもんね。

ジャンピングフラッシュみたいなfps、
パラッパラッパとかビーマニみたいな音ゲー、
電車でGOみたいな、今思うと何がおもしろいんだかわかんないゲーム。
LSDみたいなそもそもゲームではないものとか、

一本あたりの制作費と、失敗した時のリスクが1番低かった時代ってことだよね。

その時代に輝いてたよね。飯野さん。
Dの食卓、エネミーゼロ、そしてあれか。
風のリグレット。

まぁ結局この3つなわけだけど。

風のリグレットとかはファミ通でモノスゴク叩かれてたよねぇ。

風のリグレットは、画面真っ暗なわけで、
音だけでプレイするアドベンチャーだったわけだ。

よくもまぁそんな挑戦したもんだよね。

ドリキャスを持ってなかったらプレイできてないけど、
プレイした人の評判って悪くないよね。
ファミ通以外では。

あれねぇ、風のリグレット。
それこそホラーゲームにうってつけな物だと思ったんだよな。
飯野さんなら作るだろうと思ってたんだけど、
リグレットが売れなかったからなのか、
結局あそこからフェイドアウトしていっちゃったんだよな。


イケナイイケナイ。
とにかく今は歯肉結合組織移植術の良し悪しについて覚えなくちゃいけないんだった。

とりあえず煙草吸ってから始めよっと。
# * 未分類 * Comment (0) * Trackback (0) *
ハトヨメが完結してしまった!
2013年02月22日 (金) 16:00 * 編集
ダンナはメタボになりましたが夏バテで痩せました。
今日は静養しながらみんなでアイスを食べています。

っというね、読んでるとムショーに疲れる文体の漫画だった。
それでいて癖になってしまってさ、
アフタヌーン掲載だから年に一冊な発刊ペースなのを、
いつもいつも首をナガァクしながら待ち続けてきた、
そんな長い付き合いの漫画が一つまたおわってしまったのでした。

部屋が散らかってるのはCBTのせいです。
仕方ないのです。

初期の頃は明らかによくないタバコをやっている人ナラデワな表現が散見して、
それに加えて
世界のルールの決め方が、統合失調症の人にありがちな、
妙にきっちりしているというか何というかな感じで、
モノスゴク琴線に触れるものがあったのでした。

ねこぢるとは違って時々スッと入ってくる狂気さっていうか
気持ち悪さが好きだったのでした。

始めてであったのは、蒲田の漫画喫茶だったな。
そぉかぁもう10年近く前になるんだよねきっと。

最初の大学一年生の頃だもんね。
蒲田でさ、当時お気に入りだったH鳥さんというDカップと飲んで、
そんであれか。終電なくなって、
漫画喫茶で一夜を明かしたのでした。
そんで次の日学校サボってハウルの動く城をシネチッタ川崎で見て帰ったんだ。

そんな漫画喫茶でナンダコのハグキって作者って感じで手にしたのがこれだったのでした。

しっかし最後。

まさかのセカイ系でしたね。
最終兵器彼女並に

まさかの世界系でしたね。

でもそれにもまして今までの10年間の間に、
すこしずつすこしずつ、小出しに小出しにしてきた
ビームとはなんなのかとか、
NYA工業とか、にゃっプリンとか。

そこら辺の伏線っていうの?
そういうのをきちんとたたんで行ったから、
この作者はすごいなぁと思ったのでした。


確かにワンワン師匠とハリー警部じゃぁ干支ビーマーの
犬が被るなとおもってたんだよね。


クリーくんも良かったし。

ハグキ先生の次回作にご期待ですな!


そんなわけで、Amazonから届いたハトヨメが読み終わった私は、
イイノケンジさんが亡くなったというニュースにモノスゴクしょんぼりしながら、
イオンのフードコートでCBTのべんきょうに取り掛かるのでした。
# * 未分類 * Comment (0) * Trackback (0) *
CBTでOSCEEなのです。
2013年02月21日 (木) 11:30 * 編集

以前韓国人を接待した時のイチマク。
T原君はソニンちゃんがお気に入り。
ソニンちゃんという名前を聞くと、私達日本人は

この人を思い出しちゃいますよね。

そこらヘンのイジリは散々されて来たらしく、
あのソニンじゃなくてゴメナサーイっとね。
その日本語だけは言えるらしい。

島の事とか、従軍慰安婦の事とかさ、
言いたい事はいろいろあるけれど、
人って大事なことを棚上げにする事が出来るんですよね。

楽しい時間を過ごせた。


そんな私達。
ついにCBTまで一週間を切りました。

僕達の学部は、いわゆる国家免許を取るというのが
6年間のテーマの一つのなのですが、
例えば車の免許だったら、最後に路上に出るじゃないですか。

その時に必要なのが仮免だよね。

私達の学部の場合はさ、
最後の二年間の間、実際の患者さんを相手に治療をさせてもらうのです。

当然仮免が必要なわけですな。
それをゲットするために通らなくちゃならないのが
CBTとOSCEEなのですな!!

そしてそのCBTまで一週間をきりまんた!!

もーねぇ、このCBT。
安心できないのです。

へんな試験なんだよねぇ。

コンピュータ ベースド テスティング の略なのね。

そんなだけあってパソコンを使って試験を受けるわけなのね。

320問!!
今までの試験なんてのはさ、
それはそれできつかったけどね、
でも一日の科目数は多くてせいぜい6科目だったわけだよね。

勉強すれば、最終的に安心な水準までやることが出来るわけですな。

それに対してこれ。
CBT,一日でこれまでの4年分が出るわけだもんね。
んもーやってもやっても終わらないのです。
そしてやるそばからトコロテン方式で抜けて行くのです。


そりゃ肥るよね。


そして、このCBTの恐ろしいところがね、
出る問題がひとによって違うって事なのね。

これ、わけわかんないよね。

大量に問題がストックされてるらしく、
それらは難易度の割り振りがされているらしく。

全体の難易度は公平になるように割り振るらしいんだけとね。


問題毎の難易度はどうやって判定するのかというと、
よーは問題を何度も使いまわしてその正答率から判断しますよと。

そういうことなんですって。
だけんパソコンの画面に表示される問題は、
持ち帰ルコとができなくなってるし、
試験中の監視はCBT屋さんの関係者がやるから、
大学の講師はパソコンの画面を見る事ができないよと。


なんか凄いでしょ。

つまりりだれも過去問を知らないのです。
どこにも出回らないのです。

何度か模試とかうけてみて、
なんとか合格ケンには来たという判定を貰える用になってきたけど、
おまんら何を基準に問題作っとるんじゃとなるのですな。


そんな一週間。
最近はジョイフルに深夜0時頃に行って、
モーニングの時間まで頑張って
朝ごはんを食べて帰ってくるのがトレンドなのです。
# * 未分類 * Comment (0) * Trackback (0) *
パーティーグッズで地獄絵図
2013年02月09日 (土) 00:04 * 編集
この間。
いつも仲良くしていただいております、
T原君の誕生会をやってきたのです。
この時期なので、例年ね、
祝ってもらえないタイプだったのです。彼は。

よくあるじゃないですか。
誕生日が残念な時期だったせいで、
まともに祝っていただいた記憶がないという話って。

夏休みだったりさ、
年末年始だったり、
エイプリルフールだったり。
弟の命日だったり。
クリスマスとカブるせいでどーのこーのってのもあるね。

その点私。
ソトノ君。誕生日を祝ってもらうにはウッテツケなんですよ。

なんせ11月生まれですからね。

日本ってのはさ、なんだかんだいって、
デパートさんがうまくやってるものでさ、
どの月にもそれなりのイベントっていうかモノが準備してあって、
モノが売れるようにできてるんですな。
正月は言うまでもない。
2月はバレンタインね。
3月はホワイトデーがねじ込まれる。
新生活応援フェアとかもあるね。
4月はもちろん入学式
5月はこどもの日。
おじいちゃん大盤振る舞い。
6月は梅雨ってことにして傘を売りまくる。
7月8月はもう夏だから何でも売れる。
9月は新学期
10月はハロウィーン。
そしてですよ。

11月。

何もないわけですな。
からの12月でしょ。

なぁんもする事が無い11月。



に、

ソトノ君の誕生日が、あるわけでございますな!

ほら、
ある意味1番地味な11月の誕生日ってのは、
とっても素敵なのです。

そんな事を地味県ナンバーワンの栃木出身なソトノ君がノタマウ、
ブログ家でしますを今年もよろしくお願いしまーす。

さてさて、話を戻しまして、
T原君の誕生日んの話でしたね。

まぁ、今更なんですが、
私、この年で学生をさせていただいておるのでございます。
しかも普通よりも1.5倍卒業するまでに時間がかかるタイプの学部に
通わせていただいておるのでございます。

なので例年ね。この時期。
試験真っ只中なのです。

T原くん。4年生の今日まで、まともに祝われていない。

こいつぁ気の毒だということになりまして。

そして今年はCBTというね。
名前をいうのも恐ろしい試験が控えているせいで。
勉強の忙しさに
↑こんなブログ書いてる僕ちんですけれど、
普段はきちんと勉強してるんですよー

勉強の忙しさに奇跡的な隙間ができたし。

なので、先週の金曜日に祝ってきたのであります。


T原くん。物凄く緊張しておりました。

でも僕チン。こんなの買ってしまったのでした。

いっかいやって見たかったんだよね。
イベント関連の人達の誕生会では、
誕生日ケーキをそのまま顔にぶちまけるのを
よく見てきてたんですけれど。
流石にもったいないじゃん。
その点これ。イイよね。

ホイップクリームがスプレー缶に入ってるやつと、
紙皿のセット。

流石にさ。お店の中でやったら迷惑かけちゃうから、
全部終わったあと、
T原くんに締めの言葉的なのを 言わせてる最中にぶちまけてやろうとね。
そういう魂胆なのでございます。

こいつぁ楽しみだぞ。。。。

と、、、
思っていたのですが。。

まさかこんなことになろうとは。



女の子と乾杯のオンドをしてみたり。

誕生日ケーキのローソクでタバコを吸ってる風をしてみたり。

ハシャギ過ぎて女の子にバチコーンってされてみたり。

イイカンジヤネ。


飲み放題だけあって、
そして学生。
みんな楽しそうにやっております。



ねぇねぇ、、
それってイマ出しちゃダメなやつだよね。

あぁ、彼はもう、、、


T原君にもね。


べちゃぁっと。

ここからがひどかった。
世界大戦ってこうやって始まるんだっていうのを見てた。


あっちでも


こっちでも。


あぁ、ミツコまで、

やられたミツコは
他の被害者を増やす



それまで逃げてた人が、
いざクリームを食らったら
今度はまだクリームを食らってない人を襲う。

まるで ゾンビ映画を見ているようだったね。


なんか写真撮りすぎてわけわかんなんくなってしまった。

お店の中でクリームぶちまけてだいじょぶかなって思ったんだけど、
このクリームが、パイ投げ専用っていうだけあって、
拭くとすぐに消えるのね。
泡が潰れるっていうか。
舐めて思ったんだけど、全然甘くないの。
最初はウワ不味いねぇ、っておもったんだけど、
砂糖はいてないってことはベタベタになりにくいってことだもんね。

だからちょちょいっておしぼり使って畳を吹いたらすぐに綺麗になった。

かくいう私は戦場カメラマンに徹して
安全確保っと思っていたのですけれど、

こうなるよね。

残りの写真はFacebookにあげることにしよう。

とりあえず、このパイ投げセットはお勧め。
後片付けが楽チンっていうのと、
あんまりべたつかないってのがいいね。
そしてなぜか盛り上がる。
# * 未分類 * Comment (0) * Trackback (0) *
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。