お宅は 人目の物好きらしいよ。 人気ブログランキング - 家でします。 ←そんな楽チンな話あるか!!とスポンサーにたてついてみる

イマを、今日という日々を、生きぬいている全ての人々へ。 家でします。
無料ホームページ ブログ(blog)
家でします。

日々の徒然日記を書きつつ、 今まで読んだ小説、ウェブ上を歩いていて見つけた面白い物を時には辛口で紹介しません

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マシニストを観たよ。(映画)
2005年10月24日 (月) 02:33 * 編集
マシニスト
2005y10m24d_021933785.jpg
クリックで公式サイトへ


まるで骸骨のような男が主人公。
彼は1年間眠っていないらしい。その不眠症が祟ってガリガリな体系になってしまった。
彼はどうして眠れなくなってしまったのか。
マドロンダ日々を過ごしているある日、部屋に変なメモが張ってある事に気がつく。
誰が、何のために、、、。っテいう感じの話。

SAWみたいな映画を期待して借りた。けっこう面白かったよ。
何故主人公は不眠症なのか。所々に入り込む不可解な映像。
それらが一応ハッキリして終わる。
最後の謎解きフラッシュバックでズバズバってピースがハマリはするけれど、
まー特別衝撃的っていうほどのサスペンスではなかったかな。
そういう謎解き抜きにして、主人公の心の流れとか、周りの人間の雰囲気、世界観がよく出来てたから楽しめた。
主人公が精神的に病んで行く様とかけっこう見ごたえ有ったよ。
スポンサーサイト
# * こんな映画をみた * Comment (0) * Trackback (0) *
工学部・水柿助教授の日常Ordinary of Dr.Mizukaki
2005年10月23日 (日) 01:14 * 編集
森 博嗣
05-10-23_00-44.jpg「ここでポートに乗ったカップルは必ず別れる」
もっとも、すべてのカップルは死別を含めれば必ず別れる運命にあるので、
このジンクスは数学的にも真である。


水柿君という人の、研究者として、それに奥さんのスマコさんとの日々をエッセイみたいな形で書いてくれてる。
っていっても明らかに水柿君は作者本人だし、スマコさんは、奥さんのスバルさんだけどね。
日々論文みたいに形式とかに対して縛りの多い文章書いてる人にとって、
エッセイほど書き易い文章って無いんだろうね。
作者の頭に思いついた事が、好き勝手に次から次へと書かれてる。
日々出会ったミステリィな出来事を織り交ぜつつ、
作者がどんな日々を送ってきたのかが書かれてる。
語り口も妙に愛嬌があってあっという間に読めてしまう。
しかも読みながらフフッって笑ったりしてしまう。
こんな人生に憧れるなぁと思いながらあっという間に読んでしまった。

難しいミステリィとかばっかり読んでて頭が疲れて来た時には、
この作品でも読んで頭を一休みしてみてはいかがでしょう。
# * こんな小説を読んだ * Comment (0) * Trackback (0) *
黒猫の三角Delta in the Darkness
2005年10月23日 (日) 00:37 * 編集
森 博嗣
2005y10m23d_001759241.jpg
遊びで殺すのが一番健全だぞ
お嬢様、それはお言葉が過ぎます
では何か?理由さえしっかりしていれば、殺人を犯しても良いのか?
心情的には理解できます。
殺人者の心情を理解して何が嬉しいのだ。何がえられる?
殺人者の心境が想像の範囲内である事の方が不健全ではないか?
それでは、自分もいつか人を殺したくなるかもしれない、と思っておちつけるのか?
それよりは、遊びで殺した、全然理解できない、で済ませる方が私は安心だ。
ひとは遊びで生物を殺す。子供の頃、私もよくトカゲを殺して遊んだものだ。



最近ずっと忙しかったから更新できなかったな。
色々あったけど、とりあえずは小説紹介。
S&Mの次の話を紹介したかったんだけどずっと友達に貸したまま。
仕方ないから次のシリーズを紹介する。
というわけでVシリーズの一番最初の話。
新しいキャラクターに最初はどうもついていけなかったけれど、
読み進めていくうちに森の一番好きなシリーズになってたりする。
Gシリーズは今ひとつまだ乗り気になれないし、スカイクロラとかもね。
一番好きってほどじゃない。
いやー光ってたよ。俺は最後の最後まで騙されてた。
紅子が「あなたが犯人でしょ?」って言って、
自分の推理を披露している最中でさえ、あーこの人間違えちゃったよ。
って思ってた。事件その物も不思議だったしね。
引用文の話に移るけど、確かに俺も小さい頃生き物を殺したりしてた。
秋になると俺の田舎ではトンボが物凄く沢山とぶからさ、
そいつらを捕まえて頭を飛ばしたりしてた。
文章に起こすとホンとにグロイんだけど、特に何も感じず、意味も無くやってたな。
確かにサスペンスとかを見ていると動機がドータラコータラって言うけど、
そんな理由があったんなら仕方ないなって思ったりする。
富豪刑事でのあの、ポッチャリ計の女史がたった5億円ポッチのお金の為に、
っていう台詞もそれに準ずるものがあるよね。
5億円の為に人を殺してしまった人に対して、
仕方ないよね。なんて思ってしまった時には、警察に言っておいた方が良いと思う。
お金の為に人を殺す可能性があるんだから。

現象、引き起こされる為の仮定、そして森博嗣お得意の+αどれをとっても満足いく話だった。
S&Mが好きだったならこっちの話もドンドン読んでいくべき。
# * こんな小説を読んだ * Comment (0) * Trackback (0) *
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。