お宅は 人目の物好きらしいよ。 人気ブログランキング - 家でします。 ←そんな楽チンな話あるか!!とスポンサーにたてついてみる

イマを、今日という日々を、生きぬいている全ての人々へ。 家でします。
無料ホームページ ブログ(blog)
家でします。

日々の徒然日記を書きつつ、 今まで読んだ小説、ウェブ上を歩いていて見つけた面白い物を時には辛口で紹介しません

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地震が直撃ディズニーシー
2005年07月26日 (火) 12:09 * 編集
いや、もう23時なんですけれど。。。
05-07-23_23-47~00.jpg

ディズニーシーに行ってきたよ。
面白かった。ファストパスっていうのを使えば全然ストレス無しに乗れるのね。

最初にのったのはこれ。センターオブジアース
2005y08m01d_155220713.jpg
謎の天才科学者ネモ船長によって明かされる、
いまだかつて誰も見たことのない地底世界。
ゲストを乗せた地底走行車は、まばゆい光にあふれた水晶の洞窟、
巨大キノコの森、地底に生息する珍しい発光生物など、
神秘と驚異の世界を巡ります。しかし、突然火山性の震動が発生。
地底走行車は、ネモ船長ですら足を踏み入れたことのないエリアへと迷いこんでしまい、
噴火とともに吹き上げられ…。(公式サイトより)

こいつにはガッカリデシタヨ。
ビックサンダーマウンテンみたいな物を期待してたんだけどね。
終盤まで地中の生態をゆっくり見て回る感じでさ、
最後の最後に急加速して終わる。
スプラッシュマウンテンみたいなノリなんだけど
(最後の急降下した後に少し屋外にでるのも)
まったくストーリー性を感じられなくて、ただ地中の変な生き物とかを
見せられるだけ。しかも今時の子供すらガッカリスルンジャナイカっていう勢いの
子供だましだしね。出鼻をくじかれる。最後のやつなんかエビっぽいし。

気を取り直して次の乗り物へ。
ストームライドっていうのに乗りに行く。
しかし凄い列だよ。まいっちゃうなぁと思ったらこんなのを発見。
05-07-23_15-08.jpg
ファストパスっていういわゆる整理券を貰えるんだってさ。
乗り物の前にこのチケット発券機があって、その中にワンデーパスポートを入れると
何時から何時までっていう時間が印刷されたチケットが出てくる。
その時間に乗り場に行くと列のかなり前のほうに割り込ませてくれるらしい。
いーじゃーん。10年ぶりにきたディズニーリゾートはかなり進歩していました。
とりあえず他のに乗りに行こう。
「インディージョーンズのやつに乗りたい」
って映画を見たことも無いくせにアキが言い出すので並んでみる。
2005y08m01d_161727570.jpg
1時間待ちか。まー無難だよね。
ディズニーランドとかだと2時間待ちが当たり前だったしさ。
建物の中に入っていくと僕らを夢から覚めさせる事件が置きました。
地震キターーーーー
05-07-23_16-36~00.jpg05-07-23_16-36.jpg
そう、この日は震度5弱の地震が首都を襲った日。
埋立地の臨海新都心は物凄くゆれました。
薄暗かった行列スペースにおもむろに照明が炊かれ、係員の皆さんはテンパッテます。
「地震の性でディズニーシー内のアトラクションは全て止まっている。
安全の確認ができるまこの状況は続いて回復のめどは立っていない。
並んでいる人達は、このまま並んで待つか、
ファストパスを受け取って外に出るかのどちらかを選択して下さい」
っていうアナウンス。なぁんだよぉ。夢の島なんだからさ、
地面の下でなまずが動いたぞ!!くらいのアナウンスを期待してたのにな。
とりあえず他の人達の動向をチェック。ほとんどの人が出て行く。
このまま待っていれば再起動した後すぐ乗れそうだ。
そう思って暫くまつけれど、いつまでたっても回復のめどが立たないっていうアナウンスばかり。
仕方が無いから外に出て食事にする。

外に出てみたら出てみたで凄い人だった。
そりゃーそうだよな。何一つ動いてないんだもんね。みんな行く当ても無くふらふらしてる。
当然レストランが混み合うわけで。でも我慢して並んでみる。
2005y08m01d_161201591.jpg
うーん、高いよ。やっぱりディズニーリゾートって物価高いよね。
インフレしすぎ。ばっちり料理を食べるアキの目の前で
パンとスープ(それでも約700円)を食べる僕。ま、いっか。
せっかくだからディズニーシー内をぐるぐる回ってみる。
足痛いよぉって言い出すアキ。そりゃーそうだよ。サンダルだもんね。
ディズニーランドにくるときはスニーカーじゃなきゃだめだよ。
05-07-23_14-48.jpg
05-07-23_14-51.jpg喫煙所もちゃんとあるね。偉い偉い。
05-07-23_14-31.jpg
一回外に出てみる。網棚がないね。このモノレール。

乗り物が動き出したかインディーに乗る。
面白かった。ディズニーの乗り物っていつも早く終わっちゃうよね。

さっき貰っていたファストパスを使ってストームライダーにのる。
2005y08m01d_173844823.jpg
気象コントロールセンターが開発した、”ストームディフューザー”。
これをストーム(嵐)の中心で爆発させれば、
なんとストームを消滅させることができるのです。
折しも史上最大のストームが接近中!
飛行型気象観測ラボストームライダーはミッション遂行のため、
体験フライトに集まったゲストを乗せ、ストームの中心部に突入。
しかし発射したディフューザーが落雷で制御不能に。
安全なはずのミッションは、一転してスリルと興奮に満ちたフライに!
(公式サイトより)


これは熱かった。是非乗ってもらいから詳しくは書かない。
スターツアーズみたいに、画面に合わせて椅子が動くタイプ。
おわったら、拍手があがってたよ。俺も拍手してた。ちょっと濡れたけど。

最後にアラジンのマジックランプシアターを見てディズニーシーを後にする。

05-07-23_18-34.jpg

なんじゃこの難民はーー!!
舞浜駅前に大量の人だかり。なるほどねー地震で停まっちゃったらしい。
っていってももう22時だよ。地震が起きたのは16時30頃なのにさ。
6時間も何やってんのよ。まー確かに京葉線は停まり易いから仕方ないか。
ここでノンビリ待っていても仕方ない。東京メトロの浦安に行くか。
でも浦安行きのバスにも長蛇の列。仕方ないから停留所ひとつ歩くことにした。
フフフ、これで早ノリさ。
停留所につく。時間表をチェックすると次のバスが最終らしい。
危ないところだった。
バスがキタ。よし乗ろうと思ったら俺らの前に停まるけれどドアが開かない。
既に満員だから載せられないんだってさ。
なんだよぉ。俺らこのバスに乗らないと帰れないんですけど。
そんな主張も空しく行ってしまうバス。
仕方ないからトボトボ夜の浦安を歩く。
この街って夜はホンとに人通りないのね。
普通はさ、ある程度の都心を歩いていれば視界に一人くらいは人が映る物なのに
この街ではそれがない。治安が心配です。
新浦安駅に着いた。そのまま1時間位待っていたらやっと電車が来る。
それに載って西船橋のラブホへ。
ふーこれで一安心だ。
さすがに一番安いホテルは違うね。
お風呂でお湯が出ないもん。
日本の宿でお湯がでないホテルなんて初めてだよ。
25時間テレビを見ながら一息つきました。
スポンサーサイト
# * 二人の生活。 * Comment (0) * Trackback (0) *
宇宙戦争をみた。
2005年07月04日 (月) 11:36 * 編集
娘わめき過ぎ
2005y07m05d_234104115s.jpgクリックで公式サイトへ
コレハコケタネ。
友達に勧める気にはなれないな。
あんまりこういう事を書くのは好きじゃないけど,
全体的にスカッとしなかった。
インデペンデンスデイとかが地球人対宇宙人という構図で
手に汗できたのに対してあくまでもトムクルーズ家という一つの家庭が
逃げ惑う話に終始してた。
その分リアルな話なのかもしれないけど,
宇宙人がとてつもない兵器を携えて攻めて来たのに対して,
素晴らしい家族愛が見られるわけでもなく,
皆がやられていくなか家族を守る為に一人で立ち上がるわけでもなく,
普通に逃げ惑っているだけのアリフレタ話を見るためだけに
わざわざ安くない金払って映画館にはこないよ。

アメリカ大統領が自ら戦闘機に乗り込んで
敵の母船に戦いを挑むインデペンデンスデイでは
そんな事有り得ないって言われれば確かにそれまでだけれど
やっつけた時に最高にスカットした気持ちを感じられた。

ここからは若干ネタバレだけど,
そのインデペンデンスデイの解決に対して
宇宙戦争での解決の仕方は何とも言えない虚脱感に襲われる物だった。
まーリアルって言えばリアルだし,
小学生の頃図書館で怖い思いしながら読んだ原作と同じだけど,
あーそー。それで終わったんだって感じ。
なーんかモヤモヤしたまま映画館を後にした。

少なくともこんな有り触れてて解りやすい話を見るために
わざわざ映画館に来たんじゃないんだけどなぁ。僕は。

だいたい宇宙戦争とかっていってるけど、
主人公の家族のどこら辺が戦争なんだろう。
「戦争」だよ?トム一家逃げてるだけジャン。
武器を持ったりして立ち向かったりするのならわかるけどね。

moreを押すと更にネタバレ。見た人だけ読んで頂戴。

誉めてる人(ブログとかでも)が居たら教えてください。
何が良かったんだか聞いてみたい。

...続きを読む

# * こんな映画をみた * Comment (1) * Trackback (3) *

byg
>誉めてる人(ブログとかでも)が居たら教えてください。

登録制感想サイト。沢山映画を観てる人が揃ってます
ttp://cinema.intercritique.com/movie.cgi?mid=16179

全米有力紙の批評。他の大作の点数はwide releasesのところにあります。
ttp://www.metacritic.com/film/titles/waroftheworlds

ブログから引っ張ってくるとキリが無いのですが職業的にやってるところを一つ
ttp://d.hatena.ne.jp/Projectitoh/comment?date=20050701

トーマの心臓
2005年07月03日 (日) 01:33 * 編集
萩尾 望都
4091910130.09._PE_SCMZZZZZZZ_[1].jpg
それではきみは誰も愛していないの?
-トーマ・ヴェルナー-
あっちへいってくれ いけ いってしまえ!
だれもほんとうのぼくを知りさえしなければ
隠しとおして生きて生けるのだから!

ぼくは賛美歌を歌い 神を語るふりをする
でもぼくはすでに天使の羽をもたない
ぼくは毎週家へ愛をこめた手紙をかく
ぼくは学校では信頼の厚い委員長だ

でもぼくはだれも信じてはいない 愛してもいない
だからだれもぼくを愛してくれなくともいいのだ
信じてくれなくともいいのだ

ふりをし つくろい えりを正し
なにくわぬ顔をしてぼくは生きていけるのだから....
だから....


これは小説ではなくて漫画だけれど紹介しようと思う。
森博嗣はこの作者の事を強く尊敬していて、
彼女の作品の中でも特にこの トーマの心臓 がお気に入りらしい。
という話を聞いてずっと気になってたんだよね。
読みたいと思ってたんだけれどどこの本屋探しても無いから仕方なく
amazonで買った。早速読んでみた。

トーマという学友とのある事件によって心を閉ざしてしまうユーリ。
二人の間の蟠りが解けないままトーマは詩的な遺書を置いて自殺をしてしまう。
そのトーマにそっくりなエーリクが学校に転入してきてから
学内にはザワザワとした不穏な空気が立て込み始める。

登場人物全ての人々が心の中に闇を抱えていて、それが溶けていったり
悪循環に陥ったり。分厚い漫画だったけれどあっという間に読み終えてしまった。

全ての人々は、愛する人に愛されたいという気持ちを抱えて生きている。
それはまぁわかる事。
それに加えて 全ての人々は、愛する人を 自分の望み通りに
愛したいんだなぁって感じた。
それがうまくいかない時、ストーカーになってしまったり、
一人で悩んだり。。まー色々。
自分はこんなに愛しているのに、どうして応えてくれないんだろうか。
どうして伝えられないんだろうか。
そのハザマで、人々は葛藤をを胸に抱いて生きてる。
そんな世界もあるんだなぁ。
# * こんな小説を読んだ * Comment (1) * Trackback (2) *

by愛美
いい、勉強をしました。

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。